title_08
上三川城は建長元年(1249年)から慶長2年(1597年)までの350年にわたり栄えた中世の平城。
城主は横田氏、今泉氏の二期に区分され、現在はその城跡を利用した美しい公園となっています。
東西90m、南北100mほどの方型の土塁に沿って遊歩道も整備され、交通の至便な場所に位置することから町民の憩いの場となっています。
また、花の名所でもあり、サクラの咲く季節には、「花まつり」が開催され、ツツジの季節には朱色と新緑があざやかなコントラストをつくりだします。
map_08

gallery08_01_btn自由(芝生)広場 gallery08_02_btn野外ステージ gallery08_03_btn散策園路
gallery08_04_btn四阿 gallery08_05_btnお堀 gallery08_06_btn上三川七水 銀明水
gallery08_07_btn湧水 gallery08_08_btn勝姫稲荷神社 gallery08_09_btn駐車場
施設 利用料金(1時間) 備考
電気コンセント
(野外ステージ)
1口:100円 野外ステージ用電気コンセント
(イベント時などの電気供給源として利用可能)

※使用できる最大容量は1.5kwです。
※コンセント電源盤キ-の貸出し場所は上三川町体育センタ-になります。
上三川町体育センタ-の休館日時には貸出し出来ませんのでご了承ください。

園内 サクラやツツジ・アジサイ・もみじなど、いつ来ても四季折々の花を楽しむことが
できます。

【花まつり】
毎年春を彩る花が満開の頃、「花まつり」を開催しています。
会場には各種売店が並び、苗木の配布や音楽祭をお楽しみいただけます。

施設住所

栃木県河内郡上三川町大字上三川5078番地

駐車場

15台

交通案内

城址公園通り中央左側