野鳥自然観察会のお知らせ

2月12日(月・祝)に静岡県環境学習フェスティバル・富士山の日協賛事業として

野鳥自然観察会 愛鷹の野鳥や自然に親しもう を開催いたします!

受け付け締め切りまで1週間を切りましたが、まだまだ参加のお申し込みを受け付けています。

なかなか野鳥を見つけられないバードウォッチング初心者の方でも、

講師の先生をはじめ参加者みんなで探しますので、お気軽のご参加ください。

 

今日、公園スタッフが野鳥自然観察会の下見を行いました。

下見は1月に入って何度か実施していますが、

先日の寒波以降、多く見れるようになってきた感じがします。

 

今日の下見で観察できた野鳥をいくつかご紹介します。

アカハラ

公園では冬鳥として秋から春ごろまで見られます。

 

コゲラ

キツツキの仲間になります。

公園ではほぼ一年中みられる留鳥です。

写真がうまく撮れなかったので顔が写っていませんが、

観察会では双眼鏡などでしっかり見れるといいですね。

 

キジバト

お馴染みハトの仲間です。

 

ウソ

公園では冬鳥として飛来します。

桜の花芽が大好きなのでたくさんやってくると要注意の鳥です。

 

さらに今日の下見ではちょっと珍しい野鳥を見ることができました。

トラツグミ

愛鷹広域公園で観察されたのは6年ほど前になります。

地面にいても保護色なので発見しにくいのが理由かもしれません。

 

サンショウクイ(リュウキュウサンショウクイ)

サンショウクイは夏鳥として日本に飛来する渡り鳥なので、

この冬にいるのはおかしいのですが、越冬個体がいる可能性もあります。

またサンショウクイの仲間で沖縄地方にいるリュウキュウサンショウクイが、

近年生息範囲を広げているそうなので、その可能性もあります。

常緑樹の枝から枝へ次々に移動していくので観察しにくいのですが、

何とか証拠写真を撮ることができました。(顔が写ってなくてすみません)

今日、バードウォッチングをされていたお客様は素晴らしい写真を撮られていました。

上記の野鳥が観察会でも見られるとは限りませんが、

多くの野鳥が観察することができれば良いですね。

2月3日現在、まだ参加者募集中です。

是非ご参加ください。