指定管理者制度について

平成15年に地方自治法が改正され、創設された制度です。 これまで公の施設(公園、スポーツ施設など)は、地方公共団体の出資法人、公共団体、公共的団体に限って地方公共団体より管理を委託されておりました。(管理委託制度) この法改正により、管理委託制度は廃止され、これらの団体に加えて幅広く民間事業者を含んだ地方公共団体が指定する「指定管理者」が管理を代行する事が出来るようになりました。(指定管理者制度)